1. ホーム
  2. 事件事故
  3. 実刑確定の男、刃物振り回し車で逃走 東名高速で西へ

実刑確定の男、刃物振り回し車で逃走 東名高速で西へ

事件事故 神奈川新聞  2019年06月19日 22:36

 19日午後1時半ごろ、窃盗や傷害などの罪で実刑判決が確定した保釈中の男を収容しようと、横浜地検の職員らが愛川町田代のアパート一室を訪れたところ、男が乗用車で逃走した。男は刃物を持っている可能性がある。東名高速道路を車で西に向かったのが確認されており、県警などが行方を追っている。

逃走事件、住民周知は4時間半後 連絡の遅さに募る不満
逃走男近隣に潜伏か 厚木市で車発見 小中学校は自宅待機

 地検によると、男は窃盗、傷害、建造物侵入、覚せい剤取締法違反の罪で懲役3年8月の実刑判決が確定した受刑予定者(43)の無職の男。

 厚木署などによると、地検の職員4人と同署員2人が同日午後1時半ごろ、同受刑予定者を収容するため自宅を訪ねたところ、包丁のような刃物を振り回し、すきを見て玄関から飛び出した。付近の駐車場に止めてあった乗用車に乗り込み、そのまま逃走したという。職員らにけがはなかった。

 同受刑予定者は、昨年9月に横浜地裁小田原支部で懲役3年8月の実刑判決を受け、東京高裁に控訴。高裁は今年1月24日に控訴棄却とし、2月8日に判決が確定した。控訴審中に保釈されていた。地検の呼び出しに応じず、職員らが自宅を数回訪ねたが、同受刑予定者と接触できていなかった。

 同署によると、同受刑予定者は身長約170センチ。白っぽいキャップとTシャツ、色が不明のハーフパンツを着用している。車は黒のホンダのフィットという。

 愛川町は発生から約3時間後に地検から連絡を受け、防災行政無線で町民に注意喚起した。竹内寛志次席検事は「このような事態を発生させ、また公表が遅くなり大変申し訳ない。発表が遅れたことを検証し、今後このようなことがないようにしたい」と謝罪した。


シェアする