1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 今井美樹 英国移住から10年…「日本に帰りたい」と漏らすワケ

女性自身
今井美樹 英国移住から10年…「日本に帰りたい」と漏らすワケ

カルチャー 神奈川新聞  2017年08月18日 10:00

今井美樹 英国移住から10年…「日本に帰りたい」と漏らすワケ(写真:女性自身)
今井美樹 英国移住から10年…「日本に帰りたい」と漏らすワケ(写真:女性自身)

 ギリシャのサントリーニ島の高台で、海を眺めて佇む美少女。インスタグラムに画像が上がった、すらりとした長い脚が印象的な彼女は、布袋寅泰(55)と今井美樹(54)の、15歳の娘・愛紗(あいしゃ)さんだ。

 「愛紗さんはモデルデビューも噂されています。布袋は、インスタのコメント欄に、英語で“世界一美しい女の子”と書き込むほど娘さんを溺愛しています」(音楽関係者)

 2012年、今井は愛紗さんとともにロンドンに移住した。「僕は大切な10年を夢にかけたい」。そう言って、ロンドン拠点の音楽活動を希望した布袋を支えるための決断だった。それから5年、幸せそうに見える一家だが……。

 「移住当時、今井さんと娘さんは現地での生活になじめず苦労しました。しかし、時が経つにつれて家族は英国暮らしにも慣れた。2013年に日本の家も売ってしまい、生活の基盤は完全にロンドンに移したんですが……。ところが最近、今井さんが『ロンドン暮らしに疲れた。日本に帰りたい』と漏らしていたそうです」(芸能事務所関係者)

 その理由のひとつは、頻発しているテロの恐怖だという。今井のブログには、こんなことが書かれていた。

 《テロには相当警戒をしているロンドンでもこういう事が起こってしまう。(中略)こんなところで暮らしていくっていうこと……と改めて認識した》(3月31日ブログより)

 もうひとつ、今井が心を痛めていることがある。

 「布袋さんは2015年に、酔った安倍昭恵さんに首筋にキスされたことが報じられました。さらに昨年、多くの芸能人が騙された113億円の投資詐欺の被害者にもなった。いずれも日本滞在中のことです。やはり知り合いが多いぶん、海外より日本の方がトラブルに巻き込まれやすい。10月から日本でツアーを行うように、布袋さんの仕事はまだまだ日本でのものが中心。目の届かない日本で、また夫に何かあるのではと、気が気でないそうです。それならば、家族全員で日本に帰ろうと思っても不思議はありません」(前出・芸能事務所関係者)

 テロの恐怖と、離れて仕事をする夫への不安。外国暮らしを続ける妻の、心が休まることも、望郷の念が収まることもないようだ。【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
今井美樹 悲しみで憔悴…布袋の母逝去で英国から緊急帰国
布袋寅泰 オーディション奮闘中の“親戚俳優”にかけた言葉
今井美樹 英国移住3カ月…長女登校拒否で「日本帰りたい」
布袋寅泰 夢の原点はロンドンでの“失敗ライブ”
今井美樹 11年ぶり“連ドラ”挑戦を伝えた親子3人「交換日記」!


シェアする