1. ホーム
  2. 話題
  3. 暗闇の空浮かぶ「大」の字と花火 箱根「大文字焼き」

暗闇の空浮かぶ「大」の字と花火 箱根「大文字焼き」

話題 神奈川新聞  2017年08月18日 02:00

雨が降る中、2千発の花火と競演した大文字焼き=箱根町強羅
雨が降る中、2千発の花火と競演した大文字焼き=箱根町強羅

 山腹に「大」の文字が浮かび上がる「大文字焼き」が16日夜、箱根町の明星ケ岳(924メートル)で行われた。あいにくの雨だったが、天下の険に壮大な送り火がともると、観客から歓声が上がった。

 箱根強羅観光協会の主催。山腹に並べられた250束のシノダケに火を付けると、縦横ともに100メートル以上の大の文字が暗闇に浮かび上がった。花火約2千発も色を添え、浴衣姿の観客らが夜空に見入っていた。


シェアする