1. ホーム
  2. 社会
  3. AIで犯罪・事故発生予測 県警、来年度本格運用目指す

AIで犯罪・事故発生予測 県警、来年度本格運用目指す

社会 神奈川新聞  2019年06月17日 19:46

 県警の古谷洋一本部長は17日、調査研究を進めている人工知能(AI)を活用した犯罪や交通事故の発生予測システムに関し、2020年度中の本格運用を目指す方針を明らかにした。県警は今年3月、有識者らから調査研究に関する報告書を受け取っており、19年度中に報告書の精査や、導入に向けた予算要求などの作業を進めるとした。

 同日の県議会本会議で、自民党の柳下剛氏(横浜市緑区)の代表質問に答えた。

 古谷本部長は、本格運用に先立ち、20年7月をめどに試験運用を開始する方針も示した。同年夏の東京五輪・パラリンピックの開催を念頭に置いている。

 有識者らの調査研究については、「犯罪や事故の発生予測に適したAIのアルゴリズム(計算手法)の種類や、予測精度を高めるデータの組み合わせなど、実用化に向けた大きな成果を得ることができた」と評価。実用化のめどが立てば、人員や装備面で警察力に限りがある中、「AIが導き出した客観的な予測結果に基づき、これまで以上に効果的な治安対策の推進が期待できる」と答弁した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕

  2. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  3. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  4. 東海道線で人身事故、1人死亡 大磯駅

  5. 【台風19号】山北の給水車問題 黒岩知事が陳謝

  6. 【台風19号】日産スタジアムの遊水地 過去3位貯水量に

  7. 「ばれなければ大丈夫…」 男子高校生買春で小学校長逮捕

  8. 性行為を生中継 出演者募った男を逮捕

  9. ベイ、ドラフト1位に桐蔭・森敬斗 2位は立命大・坂本

  10. 【台風19号】箱根の鉄道、道路寸断続く 秋の観光に打撃