1. ホーム
  2. 社会
  3. AIで犯罪・事故発生予測 県警、来年度本格運用目指す

AIで犯罪・事故発生予測 県警、来年度本格運用目指す

社会 神奈川新聞  2019年06月17日 19:46

 県警の古谷洋一本部長は17日、調査研究を進めている人工知能(AI)を活用した犯罪や交通事故の発生予測システムに関し、2020年度中の本格運用を目指す方針を明らかにした。県警は今年3月、有識者らから調査研究に関する報告書を受け取っており、19年度中に報告書の精査や、導入に向けた予算要求などの作業を進めるとした。

 同日の県議会本会議で、自民党の柳下剛氏(横浜市緑区)の代表質問に答えた。

 古谷本部長は、本格運用に先立ち、20年7月をめどに試験運用を開始する方針も示した。同年夏の東京五輪・パラリンピックの開催を念頭に置いている。

 有識者らの調査研究については、「犯罪や事故の発生予測に適したAIのアルゴリズム(計算手法)の種類や、予測精度を高めるデータの組み合わせなど、実用化に向けた大きな成果を得ることができた」と評価。実用化のめどが立てば、人員や装備面で警察力に限りがある中、「AIが導き出した客観的な予測結果に基づき、これまで以上に効果的な治安対策の推進が期待できる」と答弁した。


シェアする