1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 条例はなぜ必要か(上)解消法3年限界も露呈

時代の正体 ヘイトスピーチ考
条例はなぜ必要か(上)解消法3年限界も露呈

時代の正体 神奈川新聞  2019年06月17日 10:45

【記者の視点=川崎総局編集委員・石橋 学】選挙がヘイトスピーチの舞台に利用される。それは一層の事態の悪化にほかならなかった。川崎市議選初日の3月29日、立候補者の佐久間吾一氏が第一声を行ったのは川崎区池上町だった。佐久間氏は、人種差別団体「在日特権を許さない市民の会」から生まれた極右政治団体「日本...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする