1. ホーム
  2. 話題
  3. 高齢化に人手不足… 三浦のタクシー窮状に活路は

高齢化に人手不足… 三浦のタクシー窮状に活路は

話題 神奈川新聞  2019年06月17日 05:00

タクシーの現状について説明する「いづみタクシー」の八木達也社長=三浦市民交流センター
タクシーの現状について説明する「いづみタクシー」の八木達也社長=三浦市民交流センター

 三浦市内のタクシー業界の厳しい現状や今後を探る意見交換会が15日夕、市民交流センター(同市初声町下宮田)で開かれた。参加した市民ら約30人は、ドライバーの高齢化など事業者側の課題を共有。利便性の向上に向けた手だてを話し合った。

 意見交換会は「消滅可能性タクシー」と題して、移住相談などを手掛ける合同会社「MISAKI STAYLE(ミサキステイル)」のメンバーでつくる委員会が企画した。

 現状を報告したのは、同市三崎地区に営業所を置く「いづみタクシー」の八木達也社長。高齢化で夜遅くまで勤務できないドライバーが増え、深夜時間帯にタクシーが利用しづらくなっていると説明した。人手不足も課題で、同社の一日平均稼働台数が2000年の半分ほどに減ったことも、データを交えて明かした。

 参加者は、人口減が進み地域経済が衰退する中、タクシーに期待する役割や活性化策について意見交換。「早朝に利用する際、事前に予約できないか」「買い物の移動に困っている高齢者のために乗り合いタクシーを実現させてほしい」などと提案した。

 八木社長は、条件付きでライドシェアを可能とする特区に申請するなどのアイデアを披露した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱