1. ホーム
  2. 話題
  3. 「時計塔校舎」存続運動の足跡まとめ 川崎・中原区

「時計塔校舎」存続運動の足跡まとめ 川崎・中原区

話題 神奈川新聞  2019年06月16日 13:50

法政大学第二中・高校(川崎市中原区)の象徴だった旧時計塔校舎の存続運動の足跡をまとめた報告集が完成した。15日は同区で「発行のつどい」が開かれ、関係者らが活動を振り返り、学校と地域の文化の在り方について思いを新たにした。 旧時計塔校舎は1936年、法政大学予科本館として建設された。塔上部に丸時計...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする