1. ホーム
  2. 話題
  3. 勇壮な光跡 秦野で「瓜生野百八松明」

勇壮な光跡 秦野で「瓜生野百八松明」

話題 神奈川新聞  2017年08月16日 02:00

たいまつを振り回し、五穀豊穣などを祈願した瓜生野百八松明
たいまつを振り回し、五穀豊穣などを祈願した瓜生野百八松明

 秦野市南矢名の瓜生野地区の伝統行事「瓜生野百八松明(うりゅうのひゃくはったい)」が14日夜、行われた。五穀豊穣(ほうじょう)、悪疫退散を祈り、若者たちが直径約30センチの大きなたいまつを勢いよく振り回し、闇夜に勇壮な光跡を描き出した。

 市の指定登録重要文化財で、地域住民の手で江戸時代中期から受け継がれてきた。会場となった龍法寺前には、大勢のアマチュアカメラマンも集まり、飛び散る火の粉をものともせずに夢中でシャッターを押していた。


シェアする