1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 金融庁報告書は「公文書」と認識

老後2千万円問題で菅氏
金融庁報告書は「公文書」と認識

政治行政 共同通信  2019年06月12日 19:40

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書は「公文書」だという認識を示した。「正式な報告書としては受け取らない」とする政府の立場も繰り返したが、公文書管理法に沿った適切な保存が求められることになる。

 菅氏は「公的年金こそが老後の生活設計の柱だ」と重ねて説明し、不安を払拭するために国民への説明に努める姿勢を強調した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕