1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 神奈川でも「乾杯条例」検討 県産酒を観光資源として活用

神奈川でも「乾杯条例」検討 県産酒を観光資源として活用

政治行政 神奈川新聞  2016年09月21日 02:00

 地域産業振興などを目的に、乾杯の際に地元特産の清酒や焼酎などを推奨する「乾杯条例」の制定を巡る議論が、20日の神奈川県議会第3回定例会本会議で交わされた。黒岩祐治知事は「飲酒は個人の嗜好(しこう)や意思の尊重、健康影響への配慮も必要。関係者の意見を幅広く聴いて、その必要性も含めて検討する」との考えを示した。自民党の守屋輝彦氏(小田原市)の一般質問への答弁。

 乾杯条例は京都市が2013年に施行、全国各地で条例が制定している。県内でも酒蔵会社が2社ある大井町が制定し、今年11月から施行される。こうした現状から守屋氏は県内産酒を観光資源として活用するため、県でも条例制定を求めた。

 黒岩知事は「県内には13の酒蔵、大規模なビール工場やワイン工場があり、県内産酒を観光資源として積極的に活用し、観光客誘致を図ることが重要」との見解を示した。

 守屋氏は名産のかまぼこを使い「板わさお通し条例」のアイデアが小田原にあることを紹介し、「地域の取り組みと連動することが重要」と重ねて求めた。黒岩知事は「県産品と連動した視点は面白い」と述べた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会