1. ホーム
  2. 社会
  3. 乳製品アレルギーの男児にミルクココア蒸しパン 海老名市

乳製品アレルギーの男児にミルクココア蒸しパン 海老名市

社会 神奈川新聞  2019年06月11日 21:33

 海老名市は11日、市内の市立保育園で10日、乳製品アレルギーがある男児(5)に乳入りの蒸しパンをおやつとして誤って提供し、食べさせたと発表した。男児は帰宅後に腹痛や悪寒などを訴え、じんましんを発症。病院に搬送されたが、入院はしておらず、現在は快方に向かっているという。

 市保育・幼稚園課によると、同園はアレルギーについて把握しており、男児用の蒸しパンには乳を含んでいない純ココアを使う予定だったが、誤ってミルクココアを使用した。同課によると、調理を担当した同園の調理師は「ミルクココアが乳製品ではないと思い込んでしまった」との趣旨の話をしているという。

 また園長が提供前に検食をしたが、調理師は食材の報告でミルクココアについて「ココア」と申告。園長もココアの種類を問うていなかった。市は「ココアの種類を確認していれば防げた事故。検食が十分に機能しなかった」と説明した。

 10日夕に男児の家族から連絡を受け、園長らが謝罪。市は11日に公立保育所5施設の園長を招集し、誤食事故防止の徹底を求めたほか、民間の保育所など23施設にも通知を出した。同課は「複数職員による確認体制の強化などを指導し再発防止の徹底を図る」とした。


シェアする