1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 基準不適合のつり天井、25年までに28施設対処 川崎市

基準不適合のつり天井、25年までに28施設対処 川崎市

政治行政 神奈川新聞  2019年06月11日 11:37

 建築基準法の改正でつり天井の設置基準が厳格化されたことを受け、川崎市は2025年までに、市内28の公共施設のつり天井について、撤去や新設、落下防止の改修を行う方針を示した。いずれも新基準では不適合になるつり天井で、脱落の危険度や災害時の拠点施設かどうかなどを考慮し、優先順位を決める。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする