1. ホーム
  2. 話題
  3. VR体験もできる アジア最大級の客船が初入港 

VR体験もできる アジア最大級の客船が初入港 

話題 神奈川新聞  2019年06月11日 05:00

初入港したスペクトラム・オブ・ザ・シーズ=横浜港・大黒ふ頭
初入港したスペクトラム・オブ・ザ・シーズ=横浜港・大黒ふ頭

 アジアを巡るクルーズ客船で最大級となる「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」(16万8666トン)が10日、横浜港に初入港した。全長347メートル、乗客定員4200人超で、横浜港に寄港したクルーズ客船では過去最大。横浜ベイブリッジをくぐれないため、大黒ふ頭客船ターミナル(横浜市鶴見区)に着岸した。

 米ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが運航し、今年4月に就航したばかり。中国・上海を起点にアジアクルーズを展開し、今後も横浜など東日本に寄港する計画だ。

 市主催の歓迎セレモニーが操舵(そうだ)室で開かれ、中野裕也港湾局長は「最新の設備を持った客船であり、初入港を心より歓迎します」とあいさつ。チャールズ船長に法被(はっぴ)や花束などを贈呈した。

 船内ではサーフィンやスカイダイビングが体験できるほか、バーチャルリアリティ(VR)とバンジートランポリンを組み合わせた「スカイパッド」、カプセル型展望施設「ノーススター」など、斬新な娯楽施設がそろっている。


初入港したスペクトラム・オブ・ザ・シーズ=横浜港・大黒ふ頭
初入港したスペクトラム・オブ・ザ・シーズ=横浜港・大黒ふ頭

雨の中、横浜港に初入港したスペクトラム・オブ・ザ・シーズ=10日午前11時35分ごろ、横浜港シンボルタワー
雨の中、横浜港に初入港したスペクトラム・オブ・ザ・シーズ=10日午前11時35分ごろ、横浜港シンボルタワー

横浜港の初入港歓迎セレモニーで花束や法被を受け取るチャールズ船長(中央)ら=スペクトラム・オブ・ザ・シーズ
横浜港の初入港歓迎セレモニーで花束や法被を受け取るチャールズ船長(中央)ら=スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

船内でサーフィンを楽しむ人たち=横浜港に停泊中のスペクトラム・オブ・ザ・シーズ
船内でサーフィンを楽しむ人たち=横浜港に停泊中のスペクトラム・オブ・ザ・シーズ

シェアする