1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「ものづくりのまち」PRへガイドブック 綾瀬市内32社

「ものづくりのまち」PRへガイドブック 綾瀬市内32社

政治行政 神奈川新聞  2019年06月10日 05:00

綾瀬市が制作した製造業ガイドブック
綾瀬市が制作した製造業ガイドブック

 「ものづくりのまち」をPRしようと、綾瀬市は市内企業32社を掲載したガイドブックを初めて制作した。

 市によると、市内に立地する製造業は363社(2017年度)あり、3政令市に次いで県内4位の工業集積を誇る。

 従業員300人以下の中小・零細企業が中心で、自動車メーカーの下請けとして発展した企業が多い一方、企画力や販路開拓などが課題になっているという。

 ガイドブックはA4変形判38ページで、4千冊を発行。掲載企業は溶接や研磨、板金加工などの各分野で国内のものづくりを支えてきた高い技術力を持つ。精密ねじで世界のロボット産業や航空宇宙産業への出荷を目指したり、飲料水の瓶の金型を鋳造したりしているメーカーなどが、経営者のコメントとともに紹介されている。

 古塩政由市長と若手技術者との対談も掲載。企業間の垣根を越えた技術伝承の取り組みや、日本語教室など外国人労働者の受け入れ状況など、官民一体のものづくり振興の在り方について意見を交わしている。


シェアする