1. ホーム
  2. スポーツ
  3. ビーチバレー強化へ協定 東京五輪に向け、専大と協会

ビーチバレー強化へ協定 東京五輪に向け、専大と協会

スポーツ 神奈川新聞  2019年06月08日 12:54

協定締結後に握手する嶋岡・日本バレーボール協会会長(左)と佐竹・専修大スポーツ研究所長=川崎市多摩区、専大生田キャンパス
協定締結後に握手する嶋岡・日本バレーボール協会会長(左)と佐竹・専修大スポーツ研究所長=川崎市多摩区、専大生田キャンパス

 2020年東京五輪に向けてビーチバレーの強化・普及を進めるため、日本バレーボール協会と専修大スポーツ研究所が連携協定を結んだ。同協会が大学と協定を結ぶのは初めて。今後、同研究所はビーチバレーに合ったトレーニングや技術分析、東京五輪に向けた選手の暑さ対策など多方面でサポートしていく。

 川崎市には市港湾振興会館(川崎マリエン・川崎区東扇島)にビーチバレーボール場があり、スポーツ庁から技術強化拠点に指定されている。同大は生田キャンパス(多摩区)の「スポーツ研究所」で運動心理学、生理学、女性アスリートに関する研究などを行っていることから、同協会と市が同大に連携を呼び掛けた。

 4日に同キャンパスで行われた締結式で、同協会の嶋岡健治会長は「専大と連携することで技術を上げ、東京五輪でいい成績を収めたい。ビーチバレーのジュニア層拡大でも、専大生が競技に触れて興味を持ってもらえれば」と期待。同研究所の佐竹弘靖所長は「研究所の取り組みを提供したい。地域に根差したスポーツ文化を定着、発展させるという意味でも大きな意義がある」と話した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ダム緊急放流、水位調節は実施されず 国交省、対応調査へ

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】記録的豪雨の箱根、被害甚大 芦ノ湖が増水

  4. 【台風19号】のり面崩壊、PAにも被害 西湘バイパス

  5. 電通局長を現行犯逮捕 ラグビー観戦後、警備員殴った容疑

  6. 【台風19号】箱根、深い爪痕 続く運休、芦ノ湖水位上昇

  7. ハマスタで長男投げつけた阪神ファン、書類送検

  8. 【台風19号】川に転落の男性、遺体で発見

  9. 【台風19号】浸水、水没、横転… 相模川沿岸、被害多発

  10. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ