1. ホーム
  2. 社会
  3. 箱根山の火山活動 依然活発 気象庁

箱根山の火山活動 依然活発 気象庁

社会 神奈川新聞  2019年06月08日 05:00

箱根山(箱根町)
箱根山(箱根町)

 噴火警戒レベル2(火口周辺規制)の箱根山(箱根町)の状況について、気象庁は7日、「火山活動は引き続き活発」との見解を示した。

 同庁の観測では、火山性地震の発生は6月に入ってから比較的少なく、1日当たり0~3回で推移しているが、「平常時よりは地震活動が高まった状態」(火山課)。山体膨張を示す地殻変動や大涌谷の噴気活動も継続しており、「警戒レベルの引き下げを検討するような状況ではない」としている。

 県温泉地学研究所も同様の認識を示し、「噴火警戒レベルが引き上げられた5月19日前後に比べれば落ち着いた状態だが、地震の発生は続いている」と説明。主に芦ノ湖西岸や駒ケ岳付近で起きているという。


シェアする