1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 路線バス定時運行へ 川崎市、バスベイや交差点など改良

路線バス定時運行へ 川崎市、バスベイや交差点など改良

政治行政 神奈川新聞  2019年06月05日 12:05

バスベイが設置される「向丘出張所」バス停 =川崎市宮前区
バスベイが設置される「向丘出張所」バス停 =川崎市宮前区

 川崎市は本年度、市内の都市計画道路3線で、路線バスの走行環境の改善を進める。いずれも交通渋滞の解消が課題の道路で、停留所へのバスベイ(歩道の切り込み)の設置と交差点改良を実施。公共車両優先システム(PTPS)の導入も視野に、混雑緩和と定時運行を実現させ、バス利用者とドライバー双方の利便性向上につなげる。

 市がモデル路線に位置付けて改善に乗り出すのは、「野川柿生線」「丸子中山茅ケ崎線(中原街道)」「久末鷺沼線」のいずれも一部区間。鉄道駅や公共施設と郊外の住宅地を結ぶ路線バスが走っている。昨年3月に改定された「都市計画道路網の見直し方針」によると、朝夕のピーク時には1時間当たり610~1280台ほどの車が通行し、運行速度は時速20キロ未満になるという。

 バスベイは、野川柿生線にある「向丘出張所」(宮前区)の溝の口駅方面の停留所など2カ所で整備。歩道の一部を削る形でバスの専用停車帯を設け、後続車をスムーズに通行させる。本年度設計に入り、来年度の工事完了を目指す。

 市によると、同停留所は主に市営バスが1時間に最大で上下線計53本運行。一方で道路は片側1車線で幅員は12メートルと余裕がなく、停車した路線バスの追い越しは困難で、一般車両を含めた円滑な通行に支障を来していた。


バスベイがある「江川町」バス停 =川崎市幸区
バスベイがある「江川町」バス停 =川崎市幸区

 交差点の改良は、久末鷺沼線の「子の神交差点」(同区)で実施。同交差点は右折レーンが狭く、右折待ちの大型車両が左側にはみ出し、直進車両の通行を阻害することもあった。センターラインを対向車線寄りにずらすことで解消を図る。

 昨年度に丸子中山茅ケ崎線と久末鷺沼線が交差する「久末交差点」(高津区)で同様の改良を実施済みで、一定の効果がみられたことから手法を踏襲する。

 市の都市計画道路を巡っては、地価の高騰や地権者の細分化などで用地取得が難航し、約3分の1の区間が未整備となっている。既に整備された道路も同様の事情から早期の拡幅などは難しく、市は着手可能な対策から順次推し進めていく方針。

 今後は、青信号の点灯時間を調整することで、路線バスなどを停車させずに優先的に走行させるPTPSの導入に向けた検討も進める予定。市都市計画課は「特に野川柿生線はバスが連なってくる状況。モデル路線での効果を検証し、他の路線にも広げていきたい」としている。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕