1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 二宮町、新庁舎建設6億円削減 大幅修正も住民なお反発

二宮町、新庁舎建設6億円削減 大幅修正も住民なお反発

政治行政 神奈川新聞  2019年06月05日 05:00

新庁舎建設を巡り、町が事業費6億円を削減した修正計画案を示した住民説明会 =二宮町二宮の町民センター
新庁舎建設を巡り、町が事業費6億円を削減した修正計画案を示した住民説明会 =二宮町二宮の町民センター

 二宮町が2023年度の移転を目指す新庁舎建設を巡り、町は基本構想・計画案を大幅に修正し、住民説明会を5月31日から6月2日にかけて町内で開いた。村田邦子町長は当初計画から事業費6億円を削減、総額20億円とすることを明らかにした。3月の住民説明会で反発を受けた行政が住民側に譲歩した形だが、多額の事業費への反発はなお根強く異論が続出。町は6月中の構想・計画策定を目指しており、小さな町を二分する論争は正念場を迎える。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする