1. ホーム
  2. 社会
  3. 逆走、システム不具合か 3日も始発から見合わせ

シーサイドライン逆走事故
逆走、システム不具合か 3日も始発から見合わせ

社会 神奈川新聞  2019年06月02日 22:10

逆走して衝突事故を起こした車両=3日午前1時ごろ、横浜市金沢区のシーサイドライン車両基地
逆走して衝突事故を起こした車両=3日午前1時ごろ、横浜市金沢区のシーサイドライン車両基地

 横浜市の新交通システム「金沢シーサイドライン」の車両が1日夜、新杉田駅(同市磯子区)で逆走し、14人が負傷した事故を受け、運行会社の第三セクター「横浜シーサイドライン」(同市金沢区)は2日も全線で運転を見合わせた。同社は「運転再開のめどは立っていない」と説明。事故原因は不明だが、システムに何らかの不具合が生じた可能性も示唆した。国の運輸安全委員会は鉄道事故調査官4人を現地に派遣、調査を始めた。 
 

止まった生活の足 利用者、困惑と疲労


運行が休止され、改札方面へ向かう通路入り口はシャッターが下ろされ閉鎖された=横浜市磯子区の新杉田駅
運行が休止され、改札方面へ向かう通路入り口はシャッターが下ろされ閉鎖された=横浜市磯子区の新杉田駅

 市交通局などは2日、代行輸送バスを走らせた。3日も始発から運転を見合わせ、午前5時半から約10分間隔で運行、計14台で対応する。
 
 同社は2日午前0時すぎと午後2時からの2回、会見を開いた。
 
 同社によると、シーサイドラインは、車両と駅の地上に自動列車運転装置(ATO)と自動列車制御装置(ATC)をそれぞれ搭載、完全自動運転を実施している。始発と終点の新杉田駅では、車両と駅の双方の装置で信号を送受信しながら、前後進を切り替えるなどしている。
 
 事故後に調べた結果、駅側の信号に異常は確認されなかったといい、同社は「車両側のシステムに何らかの不具合が生じた可能性もある」と説明した。


会見で謝罪する横浜シーサイドラインの三上社長(左から2人目)=2日午後3時頃、横浜市金沢区
会見で謝罪する横浜シーサイドラインの三上社長(左から2人目)=2日午後3時頃、横浜市金沢区

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする