1. ホーム
  2. 経済
  3. スーツ離れ(下)攻勢 広がるオーダー市場

経済最前線
スーツ離れ(下)攻勢 広がるオーダー市場

経済 神奈川新聞  2019年06月01日 05:00

ディファレンスのオーダースーツは150種類以上の生地から選ぶことができる=横浜市西区
ディファレンスのオーダースーツは150種類以上の生地から選ぶことができる=横浜市西区

 「既製スーツは体に合わないこともあったが、オーダーはフィットする。比較的手頃な値段もうれしい」

 多くの若者向けアパレルショップが並ぶ横浜駅西口の商業施設「横浜ビブレ」(横浜市西区)。その一角に入る、紳士服大手コナカ(同市戸塚区)が運営するオーダースーツ専門店「DIFFERENCE(ディファレンス)」でスーツを購入した横浜市在住の男性会社員(25)は満足げに話した。

 郊外店舗の苦戦を背景に2000年ごろから駅前などに「ツープライススーツショップ」を出店してきた紳士服大手各社。近年は「スーツ離れ」により市場全体の縮小が続いているが、そんな中でも盛り上がりを見せているのがオーダースーツ市場だ。

 「既製品より自分に合ったオリジナリティーある服装を好む人が増えてきた」

 同社ディファレンス事業本部の中嶋傑ゼネラルマネジャーは、若年層を中心に人気が広がっていると推測する。

■□■

 2018年9月期決算で最終赤字に沈んだ同社にとって、16年から展開するディファレンスは立て直しの切り札といえる存在だ。

 20代から30代を中心に客足を伸ばし、当初掲げていた「3年間で50店舗」という出店目標を半年前倒しで達成した。中嶋ゼネラルマネジャーは「売り上げは前期比で2桁増を続けている」と明かす。

 最大の特徴はリーズナブルな価格設定。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする