1. ホーム
  2. 社会
  3. JR御殿場線の利活用推進協が総会 ICカード利用で意見

JR御殿場線の利活用推進協が総会 ICカード利用で意見

社会 神奈川新聞  2019年05月31日 12:03

東京五輪をにらんだ要望活動も話し合われた御殿場線利活用推進協議会総会=山北町立生涯学習センター
東京五輪をにらんだ要望活動も話し合われた御殿場線利活用推進協議会総会=山北町立生涯学習センター

 JR御殿場線沿線の10自治体(小田原市、大井、松田、山北町、静岡県内6市町)やJR東海、小田急電鉄などでつくる「御殿場線利活用推進協議会」の総会が30日、山北町立生涯学習センター(山北町山北)で開かれた。

 会では若林洋平会長(静岡県御殿場市長)が「沿線市町でタッグを組んで運動を推進していく必要がある。御殿場線の良さを知ってもらえるようにしていきたい」とあいさつ。2018年度の事業報告などを承認した。

 19年度事業計画書案などの質疑では、沿線市町の多くが来年開催される東京五輪の自転車競技(ロードレース)のコースになり、首都圏から多くの観戦客が御殿場線を利用すると見込まれ、「JR東日本とJR東海のICカードの相互利用ができるよう、独立した項目として要望するべきだ」といった意見が出た。


シェアする