1. ホーム
  2. 社会
  3. オスプレイの訓練参加見送り 事故多発で地元反発必至

オスプレイの訓練参加見送り 事故多発で地元反発必至

社会 神奈川新聞  2017年08月08日 02:00

米海軍厚木基地を離陸するオスプレイ(2014年8月)
米海軍厚木基地を離陸するオスプレイ(2014年8月)

 在日米海軍が新型輸送機オスプレイを県の防災訓練に参加させたい意向を示していたことを巡り、9月1日の「防災の日」に小田原市で実施する大規模訓練への参加が見送られたことが7日、関係者への取材で分かった。一時は日本政府も実現の可能性を探ったが、墜落事故などが相次ぐ中で安全性を不安視する地元の反発を踏まえて判断したとみられる。

事故続出への反発配慮か


 米側がオスプレイの訓練参加を県に提案したのは、今年3月。県庁で黒岩祐治知事と意見交換したマシュー・カーター在日米海軍司令官(当時)が

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする