1. ホーム
  2. 社会
  3. 横浜大空襲74年 父の命奪った「防空法」

横浜大空襲74年 父の命奪った「防空法」

社会 神奈川新聞  2019年05月29日 12:00

8千人以上が亡くなったといわれる1945年5月29日午前の横浜大空襲から74年になる。多くの無辜(むこ)の命を奪ったのは、確かに無慈悲な無差別爆撃だった。だが同時に、被害をより大きくした要因もある。他ならぬ日本の法律だ。空襲時の消火活動を義務付け、避難を禁じた「防空法」こそ、国策に忠実に従った善...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする