1. ホーム
  2. 話題
  3. コカ・コーラが森林保全を支援 厚木

コカ・コーラが森林保全を支援 厚木

話題 神奈川新聞  2019年05月29日 10:39

 コカ・コーラシステムのミネラルウオーター商品「い・ろ・は・す 天然水」などの売り上げの一部が、厚木市域の大山(おおやま)などの森林保全活動に取り組む厚木市森林組合(同市七沢)に贈られることになった。

 同社はこれまでも同商品などの水源地域や、水源保全の活動に取り組む団体の支援に取り組んできたが、今年から「い・ろ・は・すの森活(もりかつ)」と題したプロジェクトに刷新。支援先の全国23団体のうち県内で唯一、同組合が選ばれた。

 同組合には、首都圏での製造・販売などを手掛けるコカ・コーラボトラーズジャパンから今年1年の同商品の売り上げの一部が贈られる。同組合は、作業員の安全装備や作業服、ロープなどの消耗品代に活用したいとしている。

 同社は「引き続き、豊かな水を育ててくれる国内各地の森や山々を保護する活動を支援していきたい」と説明。同組合は「大変ありがたい支援で保全活動の大きな後押しとなる」と感謝した。


寄付の目録を手にする厚木市森林組合の幹部ら=厚木市内(同社提供)
寄付の目録を手にする厚木市森林組合の幹部ら=厚木市内(同社提供)

シェアする