1. ホーム
  2. 社会
  3. 障害者の就労支援を紹介 説明会に保護者ら150人が参加

障害者の就労支援を紹介 説明会に保護者ら150人が参加

社会 神奈川新聞  2019年05月29日 05:00

川崎市内を中心とした15法人が参加した合同説明会=川崎市中原区のエポック中原
川崎市内を中心とした15法人が参加した合同説明会=川崎市中原区のエポック中原

 障害のある子どもの保護者らを対象に、就労支援を行う事業者の活動内容などを紹介する「障害者就労支援・雇用事業所合同説明会」が28日、エポック中原(川崎市中原区)で開催された。

 約150人が参加。市生活自立・仕事相談センター「だいJOBセンター」の担当者が、同センターが行っている一人一人に合わせた支援について説明。市内を中心とした15法人がそれぞれの活動を紹介するとともに、個別相談も行った。

 説明会は毎年開かれており、今回で8回目。複数の事業者を集める説明会は珍しいという。主催した一般社団法人「ダンウェイ」の高橋陽子代表理事は「法整備の後押しもあって障害者の雇用環境は良くはなっているが、18歳から64歳の人たちの雇用はまだ2割程度。雇用する側とされる側のマッチングが大切で(合同説明会を通じて)利用者が多くの選択肢を検討できるようにしていきたい」と話した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会