1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. 浜口乱調3被弾 自己最短二回途中KO

5月26日・阪神戦
浜口乱調3被弾 自己最短二回途中KO

ベイスターズ 神奈川新聞  2019年05月26日 23:27

横浜DeNA0-7阪神

阪神
140 010 000|7
000 000 000|0
横浜DeNA

【フルマーク】課題の制球難 顔出す


【横浜DeNA-阪神】1回表阪神無死。先頭打者近本にソロを浴びた横浜DeNA先発・浜口 =横浜
【横浜DeNA-阪神】1回表阪神無死。先頭打者近本にソロを浴びた横浜DeNA先発・浜口 =横浜

 連日の更新となった横浜スタジアム最多動員のスタンドへ、次々と鮮やかな放物線を描かれた。

 今季2完封の浜口が猛虎打線にのみ込まれ、二回までに3本塁打を浴びて5失点。プロ45試合目の先発で自己最短1回2/3でKOされ、「チーム、そして中継ぎ陣に申し訳ない」と天を仰いだ。

 前回対戦では被安打1でプロ初完封。「調子自体は普通だったし、いつもと変わりなく試合に入れた」はずだったが、わずかな隙を相手は見逃してくれない。先頭近本への2球目、高めの136キロが右翼席へあっという間に消えていく。「きょうの2球目で(25日に勝利した勢いが)終わってしまった」とラミレス監督が振り返る痛すぎる先制パンチだった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする