1. ホーム
  2. 社会
  3. 厚木市の40代男性、はしか感染 小田急線利用

厚木市の40代男性、はしか感染 小田急線利用

社会 神奈川新聞  2019年05月24日 19:03

 県は24日、厚木市の40代男性がはしかに感染した、と発表した。男性は18日を除く15日から19日にかけて小田急線を利用している。県は同じ電車を使い、2~3週間後までにはしかを疑うような症状が出た場合、医療機関に事前連絡した上で、マスクを着用して受診するよう呼び掛けている。

 県によると、男性は15、16、17、19日に、小田急線本厚木-伊勢原駅間を往復した。いずれの日も午前7時台に本厚木から乗車。帰りは15、16日は午後6時台、17日は午後0時台、19日は午後5時台に利用した。

 男性は16日に発熱、20日に発疹があり、21日に厚木市内の医療機関を受診したところ、23日に陽性と判明した。男性は現在、入院している。


シェアする