1. ホーム
  2. 事件事故
  3. 捜査報告書偽造の元警部補ら不起訴 横浜地検小田原支部

捜査報告書偽造の元警部補ら不起訴 横浜地検小田原支部

事件事故 神奈川新聞  2019年05月23日 05:00

 捜査報告書に虚偽の内容を記載したなどとして、虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで書類送検された元県警警部補の男性(47)=2月に依願退職=について、横浜地検小田原支部は22日、不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。

 また、当時の上司で、書類の偽造を認識しながら裁判所に提出し、偽造有印公文書行使の疑いで書類送検された男性警部(50)についても、同支部は同日、不起訴処分とした。

 元警部補の男性は松田署に勤務していた昨年5月下旬~6月中旬、商標法違反事件に関連する捜査報告書を書き換えた際、虚偽の作成日などを記載したほか、虚偽の鑑定内容を書き加えたとして、今年2月に県警に書類送検された。


シェアする