1. ホーム
  2. 社会
  3. 差別根絶条例に市民団体が意見書 実効性確保へ刑事罰求め

差別根絶条例に市民団体が意見書 実効性確保へ刑事罰求め

社会 神奈川新聞  2019年05月23日 05:00

川崎市が成立を目指している差別根絶条例について、市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は10項目にわたる意見書をまとめ、22日、市に提出した。実効性を確保するため、差別の禁止条項や刑事罰を含む制裁規定を盛り込むことを求めている。 市が3月に公表した条例概要では、外国人や...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする