1. ホーム
  2. 経済
  3. 川崎駅周辺で最大規模 2020年5月にホテル開業へ

川崎駅周辺で最大規模 2020年5月にホテル開業へ

経済 神奈川新聞  2019年05月22日 05:00

2020年5月に開業予定の「ホテルメトロポリタン川崎」(中央)の完成イメージ図。ホテル左側は高層オフィス棟、右後方がミューザ川崎
2020年5月に開業予定の「ホテルメトロポリタン川崎」(中央)の完成イメージ図。ホテル左側は高層オフィス棟、右後方がミューザ川崎

 JR東日本グループの日本ホテル(東京都豊島区)は、JR川崎駅西口(川崎市幸区)に建設中のホテルの開業が2020年5月になると発表した。同駅周辺で最大規模のホテルで、名称も「ホテルメトロポリタン川崎」に正式決定。駅至近で羽田空港にも近いという好立地から、ビジネスマンや国内外の観光客の利用を見込んでいる。

 ホテルは地上16階建て、客室数は304室。客室の広さはすべて23平方メートル以上で、ダブル、ツインともにデスクを省いた。全室、バス・トイレ・洗面台が独立し、ゆったりとした居室空間を確保する。

 ミューザ川崎シンフォニーホールに隣接することから、ロビーカフェではさまざまな音楽イベントを催す方針で、「音楽のまち 川崎」の交流拠点の役割も担うとしている。

 ホテル建設は、JR東日本が進める再開発事業の一環。線路に面した同社の変電所跡地と隣接地の約1万2400平方メートルに、ホテルと高層、低層のオフィス棟を建てる計画で、同社はホテルの開業をこれまで「20年春」と説明していた。3棟全体の完成は21年春の見通し。


JR川崎駅西口の再開発事業の工事現場。左に見えるのがミューザ川崎シンフォニーホール=川崎市幸区
JR川崎駅西口の再開発事業の工事現場。左に見えるのがミューザ川崎シンフォニーホール=川崎市幸区

 高層オフィス棟は地上29階、地下2階建てで、オフィスの賃貸面積は約6万6千平方メートル。約400平方メートルの保育施設も併設する。地上5階、地下1階の低層オフィス棟は主に商業施設として利用し、約4千平方メートルの大型フィットネスクラブも入居する。

 市観光プロモーション推進課によると、市内には51ホテル(客室計約5500室)があり、うち川崎駅周辺には27ホテル(同計約3600室)が集まる。市は観光振興プランで、25年の市内ホテル宿泊者数を年間210万人にするとの目標を掲げている。18年の宿泊者数は約195万人で、同年の目標に設定していた190万人を上回っており、同課は「おおむね順調に推移している」と話した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会