1. ホーム
  2. 社会
  3. 藤沢で女性転倒しけが 県内で風雨強まる

藤沢で女性転倒しけが 県内で風雨強まる

社会 神奈川新聞  2019年05月21日 12:16

 寒冷前線の通過に伴い、県内は21日、風雨の影響が各地で強まっており、県災害対策課のまとめでは、藤沢市内で60代の女性が風にあおられて転倒し、頭に軽傷を負った。午前11時半現在、県内のほぼ全域に大雨警報が出されているほか、洪水警報や波浪警報が発表されている。横浜地方気象台は土砂災害や河川の増水、高波などへの警戒を引き続き呼び掛けている。

 県などによると、西部を中心に雨の強い状態が続いており、21日昼すぎまで警戒が必要という。降り始めからの雨量(午前10時半現在)は山北町・丹沢湖で140・0ミリ、箱根町で130・5ミリ、小田原市で101・0ミリとなっている。


水しぶきを上げながら、冠水した道路を走る車=21日午前9時5分ごろ、横浜駅西口
水しぶきを上げながら、冠水した道路を走る車=21日午前9時5分ごろ、横浜駅西口

強い風の中、傘があおられないようにしながら行き交う人々=21日午前9時5分ごろ、横浜駅西口
強い風の中、傘があおられないようにしながら行き交う人々=21日午前9時5分ごろ、横浜駅西口

シェアする