1. ホーム
  2. 経済
  3. 中国文化味わって ツアーが通年化に 初回は28日

中国文化味わって ツアーが通年化に 初回は28日

経済 神奈川新聞  2019年05月18日 05:00

今年の春節シーズンのコンシェルジュツアーでは獅子舞を学んだ=2月8日、横浜中華街
今年の春節シーズンのコンシェルジュツアーでは獅子舞を学んだ=2月8日、横浜中華街

 横浜中華街(横浜市中区)で楽しみながら、中国の伝統文化を学ぼう-。横浜中華街発展会協同組合は今月から、通年で「コンシェルジュと学ぶ横浜中華街ツアー」を始める。町の歴史や文化を発信する「横浜中華街コンシェルジュ」とともに食文化や伝統芸能を学びながら、ランチも満喫する。発展会コンシェルジュ委員会の委員長、呉政則さん(40)は「伝統文化を学べる貴重なツアー。一緒に楽しみましょう」と呼び掛けている。 

 発展会では、2018年から春節シーズンに単発でツアーを企画してきたが、継続的には開催してこなかった。一方、春節のツアーはいずれも好評で、参加者からは「より街が好きになった」といった声も上がっていた。このため、「より多くの講座を用意したい」(呉さん)と、通年化を決めたという。

 第1回は今月28日で「中国茶を楽しむ会」。中国茶専門店「悟空茶荘」で茶の作法や茶の種類などを学んだ後、「菜香新館」に移動しランチを楽しむ。

 また、7月12日には「獅子舞と関帝廟(びょう)について」をテーマに獅子舞を学び、9月6日は「中秋節月餅作り体験」として、プロとともに月餅づくりに挑戦。以後も春節のライトアップと美食を楽しむ街歩き(11月)、中国舞踊(2020年1月)、太極拳(同年3月)と、多彩な内容を予定する。

 発展会は来年度以降もツアーを続けたいという。呉さんは「ツアーを通して、中国の伝統文化を継承していければ」と思いを語っている。

 今月28日のツアーは午前11時~午後2時半で、参加費5500円。定員28人。発展会のホームページから申し込む。参加費は事前振り込みで24日締め切り。問い合わせは発展会事務局電話045(662)1252(平日のみ)。


シェアする