1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 「百年の編み手たち」ほか

【ミュージアム・ナビ】東京都現代美術館
「百年の編み手たち」ほか

カルチャー 神奈川新聞  2019年05月17日 12:11

「百年の編み手たち」展の一角=東京都近代美術館
「百年の編み手たち」展の一角=東京都近代美術館

 約3年の休館を経て、今年3月にリニューアルオープン。内装や空調設備を一新し、建物の内外を巡る動線を再整備。レストランやカフェも新店舗になり、子ども連れが過ごしやすく工夫された。

 企画展「百年の編み手たち」は、1910年代から現代までの日本の美術を同館の所蔵品を核に再考。絵画や彫刻、インスタレーションなど400点以上の大規模な展示だ。コレクション展「ただいま/はじめまして」は2010年代に制作された新収蔵品を中心に、約20人の美術家による約80点を紹介している。

 ※どちらも6月16日まで。月曜休館。企画展は一般1300円ほかで、コレクション展も観覧可。コレクション展のみは一般500円ほか。東京メトロ半蔵門線清澄白河駅徒歩9分。問い合わせはハローダイヤル03(5777)8600。


シェアする