1. ホーム
  2. 社会
  3. 福祉の仕事知って 人材難解消へフェア 平塚

福祉の仕事知って 人材難解消へフェア 平塚

社会 神奈川新聞  2019年05月16日 10:50

福祉現場での就職を考える若者らの前でバンド演奏を披露する障害者らの音楽グループ=トッケイセキュリティ平塚総合体育館
福祉現場での就職を考える若者らの前でバンド演奏を披露する障害者らの音楽グループ=トッケイセキュリティ平塚総合体育館

 福祉現場の人材難を解消しようと、障害者福祉事業者による合同就職説明会を兼ねた「福祉の仕事っておもしろいフェア」が15日、トッケイセキュリティ平塚総合体育館(平塚市大原)で行われた。

 同市内の障害者福祉施設などでつくる「ひらつか障がい者福祉ショップありがとう運営協議会」の主催で初めて開催。同市のほか伊勢原市や大磯、二宮町の障害者福祉に取り組む約50事業所が参加し、現場の生の声を就職志望の学生や若者らに届けた。

 各事業所がブースを設けて就職相談を行ったほか、メインとなる説明会コーナーでは現役の福祉施設職員が仕事のやりがいについて熱く語った。障害者の生活介護事業を行う「でい工房花はな」(平塚市南金目)の職員は利用者と過ごす日々のレクリエーション活動の写真を紹介しながら「利用者と職員は家族の次に近しい存在。人生の大半の時間をともにする同志のよう」と強調した。

 また、知的障害者施設を運営する「進和学園」(同市万田)の利用者と職員らでつくる音楽グループ「とびっきりレインボーズ」がバンド演奏を披露。バンドメンバーの職員は「心のバリアフリーを目指す。自分の趣味やスキルを仕事に生かせる職場」とアピールした。


シェアする