1. ホーム
  2. 話題
  3. ニュースポーツ体験を 18日、厚木の荻野運動公園で催し

ニュースポーツ体験を 18日、厚木の荻野運動公園で催し

話題 神奈川新聞  2019年05月15日 10:15

 誰でも気軽に楽しめるニュースポーツに触れる厚木市恒例の催し「スポーツなじみDAY」が18日、荻野運動公園(同市中荻野)で開かれる。「セストシューター」と呼ばれる市発祥の競技など屋内外で11種目を実施する予定。市内在住などを問わず、誰でも無料参加できる。市教育委員会の主催。

 催しは、「スポーツに親しむきっかけづくりや健康増進の機会にしてもらいたい」(市教委)と2005年度にスタート。18日は園内にある屋外の多目的広場と体育館を使う。同広場では目標となる球に金属製の球を投げ合い、その近さを競う「ペタンク」や「グラウンド・ゴルフ」など3種目を実施する。

 体育館では、バドミントンコートほどのスペースを使い、チームで攻守に分かれて中央に置かれたかごに入れたボール数を競う「セストシューター」や、卓上でのカーリングのような競技「カーレット」など8種目のほか、体力チェックも行われる。

 市スポーツ推進課は「親子や友達同士で楽しく体を動かせる機会になる。運動する習慣が身に付くきっかけにもなれば」と市内外から参加を呼び掛ける。

 午前10時~午後3時半。事前申し込み不要。11月30日と、来年の3月21日にも実施する。問い合わせは、同課☎046(225)2531。


「スポーツなじみDAY」の過去の様子。写真は、卓上で行うカーリングのような競技「カーレット」(厚木市提供)
「スポーツなじみDAY」の過去の様子。写真は、卓上で行うカーリングのような競技「カーレット」(厚木市提供)

シェアする