1. ホーム
  2. 経済
  3. 横浜銀、減収減益 市場損益が悪化、貸出金は増加

2019年3月期
横浜銀、減収減益 市場損益が悪化、貸出金は増加

経済 神奈川新聞  2019年05月14日 20:41

 コンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)が14日発表した横浜銀行の2019年3月期決算(単体)は減収減益だった。債券取引など市場関連損益の悪化や手数料収入の減少が響き、本業のもうけを示す実質業務純益が前期比18・4%減の705億6500万円に落ち込んだ。
 
 売上高に当たる業務粗利益は8・1%減の1712億4400万円、粗利益に対する経費率(OHR)は5・1ポイント増の58・7%で、純利益は14・2%減の500億9700万円。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする