1. ホーム
  2. 社会
  3. 少女わいせつ動画、サイトで提供 「JKビジネス」温床か

少女わいせつ動画、サイトで提供 「JKビジネス」温床か

社会 神奈川新聞  2019年05月13日 22:00

 自ら撮影した少女のわいせつ動画をサイトを通じて販売したとして、県警少年捜査課と高津署は13日、児童買春・ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで、横浜市栄区小菅ケ谷1丁目、動画販売業の男(40)を再逮捕した。販売サイトは別の人物が運営しており、県警はこうしたサイトが「JKビジネス」や「JCビジネス」の温床になっている可能性も視野に捜査している。

 再逮捕容疑は、綾瀬市に住む当時16歳で高校2年の女子生徒のわいせつ動画1点を画像販売サイトに提供し、2017年12月3日ごろ、サイトを通じて東京都内の30代の男性に販売した、としている。調べに対し、容疑を認め「金が欲しかったので販売した」などと供述している。

 同容疑者は、この女子生徒にわいせつ動画のモデルになるよう勧誘し、不特定多数が閲覧できるサイトへの提供目的で児童ポルノを製造したなどとして、同法違反や職業安定法違反の罪で起訴されている。

 県警によると、同容疑者の自宅からは女子中高生を含む延べ約160人分のわいせつ動画が見つかった。県警は、同容疑者がサイトでの販売を目的に、モデル料などを支払って少女の勧誘や児童ポルノの製造、提供に関わっていたとみて裏付け捜査を進めている。

「性の商品化」薄い自覚 中高生37人補導「楽なバイト」

 今回の事件では、わいせつ動画のモデルとなって報酬を得ていたなどとして、これまでに当時13~17歳の女子中高生37人も不健全な就労で県警に補導された。小遣い稼ぎに目がくらみ、性の商品化に無自覚な少女の実態が浮き彫りとなり、県警は警戒を強めている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会