1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. ベイ、苦闘の「日替わり起用」 不振の連鎖、最下位急落

番記者eyes
ベイ、苦闘の「日替わり起用」 不振の連鎖、最下位急落

ベイスターズ 神奈川新聞  2019年05月13日 21:19

ベイスターズの逆襲へキーマンとなる(左から)大貫、今永、東、阪口の先発陣=横浜スタジアム
ベイスターズの逆襲へキーマンとなる(左から)大貫、今永、東、阪口の先発陣=横浜スタジアム

 好スタートを切った開幕からジェットコースターのように転げ落ちたベイスターズ。独断采配だった昨季からの「チェンジ」を旗印に掲げたラミレス監督だったが、連敗が続くと「日替わり起用」が目に付くようになってきた。中軸打者の不振の連鎖、先発の駒不足、経験豊富な中継ぎ陣の不在と悪循環が重なり、チームの打率、防御率はリーグワースト。4月下旬の10連敗で最下位に落ちたまま、シーズンの4分の1を終えて13勝24敗と好転の兆しはなかなか見えない。

 「チームとして今大事なのは勢いだ」。5月10日、広島に乗り込んだ試合前にこう語ったラミレス監督。ただ、この3連戦、チーム内の士気をそぐような采配が続いた。

 10日は伊藤光、11日は嶺井、12日は戸柱と連日先発マスクが代わり、指揮官は「伊藤光は左投手に結果は出ていないが今永と相性が良い。嶺井はジョンソンにいい結果を残している。戸柱はマツダでいい結果を残している」と説明した。

 ただ、過去のデータをひもとけば、嶺井も戸柱も相性がいいと言えるほどではない。戸柱に至っては「相手の勢いを止めるため」と、乱調だった先発京山より早く二回でベンチに下げた。

 10連敗中には山崎がピンチを背負った九回途中から伊藤光から嶺井に急きょスイッチ。5月6日は、今季初先発の東に対し、2年目の山本を初先発マスクに抜てきした。

 20歳の若武者は緊張感と連敗阻止の重圧の中でプレーしたが、好結果は生まれず、チーム内ではこの決断に首をかしげる声が上がった。評論家の野村弘樹さんも「相手は2軍じゃない。山本は初スタメンだし酷だった」と指摘する。

救援にしわ寄せ


初回3失点でベンチに戻る際にプロ初先発の山本に声をかける東(右)=5月6日の巨人戦から
初回3失点でベンチに戻る際にプロ初先発の山本に声をかける東(右)=5月6日の巨人戦から

 4年目のラミレス体制で最もしわ寄せを受けてきた救援陣の勤続疲労も、ここにきて顕著だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会