1. ホーム
  2. 横浜みなと新聞
  3. 港が果たす役割を痛感 スト目撃で痛感

港が果たす役割を痛感 スト目撃で痛感

横浜みなと新聞 神奈川新聞  2019年05月13日 17:23

ストライキを行う港湾労働者=4月15日、横浜港
ストライキを行う港湾労働者=4月15日、横浜港

 平日なのにコンテナターミナルのゲートが閉まり、普段は列をなすトラックの姿が消えた。全国港湾労働組合連合会(全国港湾)が4月14、15日、全国の港で実施した48時間ストライキを横浜港で目撃し、港は物流で重要な役割を果たしていることを痛感した。

 今年の春闘で全国港湾が示唆していたゴールデンウイーク中の港湾ストは、直前になって実施を見送った。決行されれば市民生活や経済への影響は甚大で、長期にわたって物流に混乱が起きるところだった。

 全国港湾幹部は「4月中旬までに妥結できたはずが、長引いたのは想定外」と話す。団体交渉を進め早期解決を期待したい。


シェアする