1. ホーム
  2. 社会
  3. 法曹界で絶えず検証、改善を

岐路に立つ裁判員裁判(下)
法曹界で絶えず検証、改善を

社会 神奈川新聞  2019年05月08日 12:27

守秘義務規定の緩和を主張する、裁判員ネット代表の大城聡弁護士 =東京都千代田区
守秘義務規定の緩和を主張する、裁判員ネット代表の大城聡弁護士 =東京都千代田区

 2月下旬の法務省大会議室。居並ぶ委員に対し、最高裁刑事局の担当者は、裁判員制度の現状をこう分析した。「当初に比べて国民の関心が低下している」

 この日開かれたのは、裁判員制度の見直しに向けた検討会。間もなく迎える導入10年の節目を前に、委員を務める東京地裁の裁判官や被害者支援団体の関係者からも同様の意見が相次いだ。

 市民が刑事裁判の審理に加わることで、司法への社会的な理解と信頼を高めることを狙った裁判員制度。理想通りにはなかなか進まない現状に、法曹界の危機感は強い。

 浸透を図る上で、これまで足かせになっていた点とは何か。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする