1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 国大、神大から16年ぶり勝ち点 神奈川大学野球リーグ

国大、神大から16年ぶり勝ち点 神奈川大学野球リーグ

スポーツ 神奈川新聞  2019年05月07日 21:12

【神奈川大-横浜国大】2-3の8回表国大2死満塁。代打・阿尾の中前打で生還して逆転し、喜ぶ主将福田と大沼=関東学院大ギオンパーク
【神奈川大-横浜国大】2-3の8回表国大2死満塁。代打・阿尾の中前打で生還して逆転し、喜ぶ主将福田と大沼=関東学院大ギオンパーク

 3回戦1試合が6日、関東学院大ギオンパークで行われ、横浜国大が4-3で神奈川大を下し、勝ち点2とした。国大が神大から勝ち点を奪うのは2003年春以来。

 国大は1点を追う八回2死満塁で代打・阿尾知記(2年)が決勝の2点打を中前に放った。

 第6週第1日は11日、横浜スタジアムで桐蔭横浜大-国大、神奈川工大-商大の1回戦2試合を行う。

力の差跳ね返す

 横浜国大が16年ぶりに神奈川大から勝ち点を奪った。「強いチーム相手に戦えて、一つ階段を上れた」と橘高出身・主将福田は興奮気味だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする