1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 東京五輪「都市ボランティア」 藤沢市、夏まで2次募集

東京五輪「都市ボランティア」 藤沢市、夏まで2次募集

政治行政 神奈川新聞  2019年05月07日 11:30

2018年11月に行われた全日本セーリング選手権大会の様子
2018年11月に行われた全日本セーリング選手権大会の様子

 2020年東京五輪でセーリング競技が開かれる藤沢市は、国内外からの観戦客らを案内する「都市ボランティア」の第2次募集を行っている。期間は7月5日まで。

 ボランティアの活動期間は、同市江の島で同競技が開催される20年7月26日~8月5日。江の島周辺や市内の主要駅周辺で、観光や交通の案内、大会インフォメーションの発信などを務める。活動時間は5日以上で、1日5時間程度。応募できるのは、20年4月1日現在、18歳以上の市民で、語学や手話といった資格などは問わない。

 昨年9月から12月までの1次募集には、募集枠100人に対し565人の応募があった。今回の募集枠は800人で、市は「1次選考で漏れた方も再チャレンジしていただければ」と呼び掛けている。

 市は選考後、今年8月に全ボランティアを対象にした説明会を開き、10月から研修を実施していく。申し込み・問い合わせは、市東京オリンピック・パラリンピック開催準備室電話0466(50)2020。


シェアする