1. ホーム
  2. 選挙
  3. 立民県連「次の一手」は 統一選で躍進、注目集める

立民県連「次の一手」は 統一選で躍進、注目集める

選挙 神奈川新聞  2019年05月06日 05:00

 統一地方選で躍進した立憲民主党県連が、さらなる党勢拡大に向けて動きを活発化させている。夏の参院選との同日選が取り沙汰されている衆院選を視野に、各選挙区の候補者選定を加速。大型連休明けには「政治塾」開講の準備も本格化させる構えで、次の政治決戦を見据えた地盤固めに余念がない。「風」に左右されない強固な地方組織は、シナリオ通りに形成できるのか-。野党共闘の行方も左右するだけに、次の一手に注目が集まる。

 「公認と推薦を合わせ、勝率は8割を超えた」。統一選後半戦の投開票から一夜明けた4月22日、役員会で各議員選の結果を確認した県連幹部は胸を張った。

 県議選と3政令市議選すべてで議席増を達成し、後半の一般市町議選でも小田原や藤沢で新人がトップ当選。県議選の告示直前に立てた新人が国民民主党のベテラン現職を破ったケースもあり、野党最高の支持率を追い風に議席を伸ばした。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする