1. ホーム
  2. 話題
  3. 沖縄に染まる5日間 川崎「はいさいフェスタ」

沖縄に染まる5日間 川崎「はいさいフェスタ」

話題 神奈川新聞  2019年05月02日 05:00

「はいさいフェスタ」で披露されたエイサー=川崎駅東口駅前広場
「はいさいフェスタ」で披露されたエイサー=川崎駅東口駅前広場

 川崎市の繁華街から沖縄文化を発信するイベント「はいさいフェスタ」が1日、川崎市川崎区の複合商業施設「ラ チッタデッラ」などで始まった。伝統芸能の「エイサー」が披露されたほか、飲食店約100店が出店し、多くの来場者が沖縄文化を楽しんだ。5日まで。

 ことしで16回目で、沖縄をテーマとしたイベントとしては首都圏最大級。川崎駅東口駅前広場では5日間で計10組のエイサーグループが出演する。

 エイサーは盆の時期に若者らが踊る芸能で、地域ごとに型が異なり、楽曲や衣装を現代風にアレンジした団体もある。

 この日登場した「桜風エイサー琉球風車」は、桜美林大学の学生を中心としたグループ。華やかな衣装のメンバーが大小の太鼓を打ち鳴らし、威勢のいい掛け声や力強い演舞が披露されると、観客は拍手や指笛を響かせ会場は大いに沸いた。

 チネチッタ通りなどの会場では、沖縄そばの食べ比べや沖縄スイーツの販売店が並んだほか、沖縄出身のアーティストによる民謡やポップスのライブも行われ、終日にぎわいを見せた。


シェアする