1. ホーム
  2. 話題
  3. 「令和」人文字で改元祝う 大さん橋で記念イベント

「令和」人文字で改元祝う 大さん橋で記念イベント

話題 神奈川新聞  2019年05月02日 05:00

「令和」の人文字を作った人たち(横浜港大さん橋国際客船ターミナル提供)
「令和」の人文字を作った人たち(横浜港大さん橋国際客船ターミナル提供)

 新元号への改元を記念し、人文字で「令和」をつくるイベントが1日、横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区)で開かれた。人文字は2回披露され、参加した計480人が新たな元号の幕開けを祝った。

 参加者は黄色いエプロンを身に着け、屋上デッキに並んで縦20メートル、横10メートルの人文字に挑戦。上空から撮影したドローンに向かって手を振っていた。

 家族4人で「和」の人文字に加わった同市緑区の女児(5)は「楽しかった」と笑顔。母親(35)は「10連休の記念にと家族で申し込んだ。ドローンの写真を見てみたい」と話していた。


タグボートや消防艇などが披露した放水ショー=1日、横浜港大さん橋国際客船ターミナル
タグボートや消防艇などが披露した放水ショー=1日、横浜港大さん橋国際客船ターミナル

 大さん橋周辺の海上では、東京湾や港内で活躍する4隻のタグボートと横浜市消防局の消防艇、横浜海上保安部の消防船が放水ショーを披露し、お祝いムードに彩りを添えた。


シェアする