1. ホーム
  2. 話題
  3. 「しんゆり芸術祭」川崎で開幕 12日まで、芸術一色

「しんゆり芸術祭」川崎で開幕 12日まで、芸術一色

話題 神奈川新聞  2019年05月01日 09:00

オープニングパーティーで演奏した日本を代表するバイオリニストの大谷康子さん(左)、フルート奏者の工藤重典さん(右)
オープニングパーティーで演奏した日本を代表するバイオリニストの大谷康子さん(左)、フルート奏者の工藤重典さん(右)

 オペラやバレエ、演劇、能など多彩な芸術文化に親しむ「川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)2019」が、5月12日まで川崎市麻生区の新百合ケ丘駅を中心に開かれている。多くの市民らの手で支えられるイベントはゴールデンウイークを中心に9劇場で40公演が催され、街を芸術で包む。

 アルテリッカは、イタリア語で豊かな芸術の意。複数の芸術系大学や団体が集まる新百合ケ丘から芸術文化を発信しようと2009年に始まり、今回で11回目を迎えた。

 主催は市民らによる実行委員会で、会場整理やチケット販売などの裏方もボランティアが担当。スタート時に数人程度だったボランティアは、今回約200人まで膨らんでいるという。

 新百合トウェンティワンホール(同区)で4月27日にあったオープニングパーティーでは、実行委員長の下八川共祐・昭和音大理事長が「ボランティアに支えられて10年間、続けられてきた。これからも絶大なるご支援をお願いします」とあいさつ。日本を代表するフルート奏者の工藤重典さんやバイオリニストで市市民文化大使の大谷康子さんが相次いでステージに上がり、ヴェルディのオペラ「椿姫」から「乾杯の歌」などを演奏した。

 これまでにイタリアの作曲家プッチーニのオペラ「蝶々夫人」などが上演されたが、今後は人間国宝による能と狂言「友枝昭世と山本東次郎の至芸」(5月3日)、大谷さんの子ども向け公演「初めてのクラシックコンサート」、劇団民藝の演劇「夏・南方のローマンス」(6日)などが続く。問い合わせは、同実行委事務局電話044(952)5024。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会