1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 日藤・エース新村 真っ向勝負、悔いなし 高校野球神奈川大会第14日

東海大相模7-2日大藤沢
日藤・エース新村 真っ向勝負、悔いなし 高校野球神奈川大会第14日

高校野球 神奈川新聞  2017年07月27日 02:00

準決勝進出を逃し、肩を落とす日大藤沢ナイン=横浜スタジアム
準決勝進出を逃し、肩を落とす日大藤沢ナイン=横浜スタジアム

 悔しがる様子を見せず、左翼席上段へ打ち上がる大飛球を見送った。八回1死二塁、相手主砲に2本目のアーチを喫した日大藤沢の左腕新村は「いい打者なのは分かっていた。打たれても仕方ないと思って投げたら、本当に打たれました」と淡々と受け入れた。

 東海大相模の森下とは中学硬式の戸塚シニアでともに汗を流した間柄。「中学の時から抑えた記憶がないくらい、いいバッター」を相手に回し、ベンチの伝令は「勝負に行け」。少し甘く入ったとはいえ、初回に続き全力のストレートを運ばれたから後悔はない。

 強打の東海を相手に、多少の失点は覚悟していたという。本領発揮は四回以降を4イニング連続無失点の投球。力感あふれるフォームから生命線の直球を膝元に沈め、ゴロを打たせた。冬から1日100球以上の投げ込みを課してスタミナをつけ、130キロ台中盤の球速は最後まで衰えなかった。

 ともに2年生。神奈川から2校が出場する来夏の100回記念大会では、再び対峙(たいじ)するのか。それとも、ともに甲子園で輝くのか。

 来年、森下と対決したら-。「もっと球速を上げて、今度は直球で詰まらせたい」。夏は3年連続でタテジマに敗れた3年生の悔しさも胸に、好左腕が熱戦の舞台を去った。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会