1. ホーム
  2. 社会
  3. 「生きた証」たどる 相模原殺傷-各地で鎮魂の祈り

「生きた証」たどる 相模原殺傷-各地で鎮魂の祈り

社会 神奈川新聞  2017年07月27日 02:00

「こわかったね。もっと生きたかったよね」。多くの献花の中にメッセージカードも添えられていた=相模原市緑区の津久井やまゆり園
「こわかったね。もっと生きたかったよね」。多くの献花の中にメッセージカードも添えられていた=相模原市緑区の津久井やまゆり園

 障害者ら45人が殺傷された相模原殺傷事件から1年を迎えた26日、現場となった県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)には、朝から園関係者や地域住民ら大勢の人たちが献花に訪れ、犠牲になった19人の冥福を祈った。「絶対に忘れず、二度と繰り返さない」「差別のない社会に」…。それぞれが理不尽な凶行がもたらした衝撃の大きさを振り返り、悲しみを胸に刻んだ。


献花台に花を手向け犠牲者の冥福を祈る人たちが相次いで訪れた津久井やまゆり園=26日午後1時25分ごろ、相模原市緑区
献花台に花を手向け犠牲者の冥福を祈る人たちが相次いで訪れた津久井やまゆり園=26日午後1時25分ごろ、相模原市緑区


 夏空が広がったあの日の朝とは異なり、時折激しい雨に見舞われた津久井地域。園の正面玄関前に設けられた献花台では、障害者の手を引いた母親や園にゆかりのある人たち、近所の住民らが相次いで花を手向け、静かに手を合わせた。

 事件の2週間ほど前まで短期入所で園を利用していた次男(28)の母親(60)=相模原市中央区=は「知り合いが3人亡くなり、悔しい。本人もかわいそうだし、家族はどんな思いで…」と声を詰まらせ、「事件から1年がたっても、障害者への差別は何も変わっていない。経済的に役に立たない人でも、みんなで支え合えって生きていけるのが普通の社会。この子と一緒に頑張って生きていく」と訴えた。


献花台に花を手向け犠牲者の冥福を祈る人たちが相次いで訪れた津久井やまゆり園=26日午前9時40分ごろ、相模原市緑区
献花台に花を手向け犠牲者の冥福を祈る人たちが相次いで訪れた津久井やまゆり園=26日午前9時40分ごろ、相模原市緑区


 脳性まひがあり、車いすを使っている女性(46)=東京都立川市=は「自分の生き方について考える1年だった。人混みに出るのが怖くなったこともあったが、それでは被告の思うつぼ。楽しく生きていかなくちゃいけない」と力を込めた。

 園利用者の父母らでつくる家族会の大月和真会長(67)は「1年間大変な生活をしてきたが、事件はまだ入り口。何も分からないし、何も決まっていない」と吐露。今も氏名を公表できずにいる遺族については「心の整理がついて、子どもたちやきょうだいがどのように生きてきたか話してみたい日が必ず来ると思っている」と話した。


献花台に花を手向け犠牲者の冥福を祈る人たちが相次いで訪れた津久井やまゆり園=26日午前9時55分ごろ、相模原市緑区
献花台に花を手向け犠牲者の冥福を祈る人たちが相次いで訪れた津久井やまゆり園=26日午前9時55分ごろ、相模原市緑区


 県職員らと黙とうし、大きなユリの花を手向けた入倉かおる園長は「あの日、短い時間で命を奪われ、守ってあげることができなかった。無念な思いで天国に召されたと思うと、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と涙を浮かべた。元職員の植松聖被告に対しては「やってしまったことの重大さを直視できない弱さがあると思う」と語り、今後も入所者や家族に寄り添っていく考えを示した。


津久井やまゆり園の献花台に花を手向け犠牲者の冥福を祈る黒岩祐治知事=26日午後1時半ごろ、相模原市緑区
津久井やまゆり園の献花台に花を手向け犠牲者の冥福を祈る黒岩祐治知事=26日午後1時半ごろ、相模原市緑区


 黒岩祐治知事は「19人の貴重な命が奪われた悲惨さを改めて痛感した」と述べた上で、「元職員の犯行に県としても心からおわびしたい」と再発防止を誓った。

 同園近くの公民館では、地域住民でつくる「共に生きる社会を考える会」が一周忌の集いを開き、約30人が集まった。

 全員で黙とう後、太田顕さん(74)と専修大兼任講師の西角純志さん(52)が犠牲者19人のうち11人のエピソードを紹介し、人柄を惜しんだ。


山のように積み重なった献花=相模原市緑区の津久井やまゆり園
山のように積み重なった献花=相模原市緑区の津久井やまゆり園


 2人は津久井やまゆり園の元職員で、事件の風化を懸念し、元同僚らから聞き取り調査を続けている。「家族が訪れると、足が不自由ながら一目散に玄関に走った」「職員と囲碁をして、評論家のようにコメントすることもあった」といった「生きた証し」を読み上げた。


雨にぬれた多くの花が手向けられた津久井やまゆり園の献花台=26日午後1時半ごろ、相模原市緑区
雨にぬれた多くの花が手向けられた津久井やまゆり園の献花台=26日午後1時半ごろ、相模原市緑区


事件から1年を迎えた津久井やまゆり園=26日午前8時ごろ、相模原市緑区
事件から1年を迎えた津久井やまゆり園=26日午前8時ごろ、相模原市緑区

シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング