1. ホーム
  2. 社説
  3. 京浜臨海部 歴史と教訓を次世代へ

社説 令和へ
京浜臨海部 歴史と教訓を次世代へ

社説 神奈川新聞  2019年04月27日 10:17

明治後期に埋め立て事業が始まり百十余年、京浜臨海部は今、再国際化した羽田空港を望む殿町地区(川崎市川崎区)を中心に、人類の生命、健康に関連する企業、研究機関の集積地へと変貌を遂げつつある。 しかし、21世紀の成長産業と言われるライフサイエンス(生命科学)の拠点形成に至る道程は決して平たんではなか...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕