1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 宿敵との対戦へ結束 チャンピオンシップ

Bリーグ
宿敵との対戦へ結束 チャンピオンシップ

スポーツ 神奈川新聞  2019年04月26日 16:50

ゴール下の攻防の鍵を握る川崎・ファジーカス =14日、川崎市とどろきアリーナ
ゴール下の攻防の鍵を握る川崎・ファジーカス =14日、川崎市とどろきアリーナ

 バスケットボール男子のBリーグ王者を決めるチャンピオンシップ(CS)に3年連続で出場する川崎は、初代王者の栃木と準々決勝でぶつかる。今季4戦4敗の宿敵との対戦に向けて、チームの大黒柱であるファジーカスは「確率的に5連敗することはない。勝つ自信がある」と強気に言い放った。敵地のブレックスアリーナ宇都宮(26日午後7時5分開始)から、初優勝を目指す戦いがスタートする。

 23日の非公開練習では、栃木戦に備えた攻守の連係を確認。練習前には、ファジーカスの提案で選手だけのミーティングも敢行した。スカウティング映像を見ながら意見を出し合い、30分近くに及んだという。北卓也監督は「早い時は1、2分で終わる。待っている間に寝ちゃいそうでしたよ」と報道陣を笑わせたが、選手たちの準々決勝に懸ける思いは伝わっている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする